エコツーライトとは

エコツーライトの特徴

尿素水をエコツーライトに変えるだけで、トラックやバスのマフラーの詰まりを解消!!

photo

photo

マフラーの詰まり原因は、ズバリ!トリウレット

以前より、マフラー内に蓄積した白い固形物(シアヌル酸)が問題になっております。
この現象は、尿素水中に含まれるトリウレットの含有量によって詰まりを起こす時期が早まることが判明しました。
つまり、トリウレットの含有量が少なければ少ないほどマフラーの詰まりは延命します。

トリウレットとは

photo

マフラー内に蓄積したシアヌル酸(白い固形物)は何から出来ているのでしょうか。ズバリ答えは、トリウレット!!
トリウレットは、加熱するとアンモニアを放ってシアヌル酸になり、トラクターヘッド(マフラーの一部)に固着すると、水や熱水に溶けることはなく、叩いても簡単に崩れることはありません。そのため、他社製品のものだと平均して2年で詰まってしまいます。そこで、普段使っている尿素水をエコツーライトに変えていただければ、5年~10年ほど寿命が延命するため、2倍から最大5倍の効果があると言えます。

尿素水の製造方法

尿素水の製造方法は、アンモニアと炭酸ガスを反応させて液状の尿素を作り、乾燥塔の頂上から雨のように尿素を降らしながら乾燥させるという方式が取られています。その際、尿素の融点以上の温度で乾燥させるため、ビウレットやトリウレットが副産物として必ず含まれてしまいます。
トリウレットの含有量に関しては、JIS規格およびISO規格の品質要件に入っておらず、取り除かなければいけないという決まりがないため、各商品によってその差はまちまちです。
なので、トリウレットの含有量が少ないエコツーライトを、より多くの方に選んでいただきたいと思います。

尿素SCRシステムとは

尿素SCRシステムは排出ガス浄化技術の一つで、窒素酸化物を浄化する技術です。
SCRはSelective Catalytic Reduction の略であり、日本語で「選択(的)触媒還元」を意味します。

原理としては、アンモニア(NH3)が窒素酸化物(NOx)と化学反応することで窒素(N2)と水(H2O)に還元されることを応用したものです。アンモニアを車両に積むのは危険な為、尿素水をタンクに入れて搭載し、これを排気中に噴射することにより高温化で加水分解させアンモニアガスを得ます。このアンモニアによりNOxを還元しN2とH2Oを得ます。

尿素SCRシステムは、尿素の融点以上の温度で乾燥させるため、ビウレットやトリウレットが副生されます。
ビウレットはマフラー内から消えますが、トリウレットに関しては、加熱されアンモニアを放った後シアヌル酸がマフラーに溜まります。このシアヌル酸により、マフラーの詰まりが引き起こされ、最悪車が動かなくなるという事態が引き起こされます。
それを防ぐ為に、トリウレットの含有量が少ないエコツーライトを選んでいただくのが有効と言えます。

マフラーが詰まると何に困るか?!
走行中に突然エンジンが止まり、再始動が出来なくなります
エンジンが突然止まってしまうことへの問題点

photo

1.遅配によって取引先に多大な迷惑をかけることに
2.自力走行は困難なので、修理工場までレッカー料金がかかる
3.修理費用がかかる
4.遅配による荷主からの損害賠償請求

エコツーライトのメリット
その1 コスト削減

・燃料費の高騰を安価なエコツーライトでコスト削減に。
・マフラーが詰まりにくい=修理代が要らない=コスト削減に。

photo

その2 高品質

・特許を取得しております。
・製造時にトリウレットを極力除去しているため、他社製品の2倍~5倍マフラーが長持ちします。
・低価格かつ高品質である。

エコツーライト3つの安

photo
JIS規格の適合品

photo
PL保険に加入済み
(生産物賠償責任保険)

photo
59円(税別)/1リットル

photo

photo

特許製法

photo

エコツーライトのシステムは、株式会社オプティの猪野栄一氏の発明で、特許を取得されました。世界に誇れる日本の技術と言っても過言ではありません。これにより、より一層高品質であることが、証明されました。

photo

また、エコモ財団によるグリーン経営認証(環境負荷の少ない事業運営であるという証明)やJIS規格(日本工業規格による、安全条件)をクリアしているため、エコツーライトの尿素水は、安心・安全性が非常に高いと言えます。

アドブルーとの違い

性能は変わりません
エコツーライトはJIS規格に準拠した尿素水です。アドブルーと同様にエコツーライトも尿素32.5%、純水67.5%の割合で混合した尿素水です。しかし、エコツーライトはマフラーの詰まりの原因物質であるトリウレットを、製造段階で除去(特許取得済)している点が大きな違いです。性能は変わりませんので、アドブルー同様、エコツーライトも尿素水として確かな性能を発揮します。
エコツーライトの方がお値打ち

photo
59円/1リットル

photo 80円/1リットル

アドブルーが1リットルあたり約80円なのに対して、エコツーライトはたった59円(税別)。アドブルーの約4分の3の値段で購入できます。コスト削減をお考えなら、エコツーライトが断然おすすめです。 更にエコツーライトなら配送料制限がありません!お気軽にお問い合わせください。

ページTOPへ戻る△

エコツーライトの特徴

冷蔵・冷凍、集荷、保管、ピッキング配送

三重県四日市市智積町6409番地

Copyright(C)株式会社エコライト四日市 All Rights Reserved.